積極的に酵母を摂る健康面でのメリット

酵母を摂取する栄養面での魅力

酵母と聞くとパンやビールなどを連想する人も少なくありません。それほど発酵を促す菌として有名なものです。醤油や日本酒、味噌などにも酵母菌が大きく関わっているので、私たちの食生活にか欠かせないものでもあります。

 

この酵母菌が起こす発酵というのは糖をエサにしてアルコールなどに分解することを言い、その際にミネラル成分や抗酸化物質などを生み出して食物などの栄養を増やしていきます。

 

酵母は小さな単細胞で、樹液や花蜜、果実など様々なところに生息している微生物で、実は人間にとって必要なタンパク質やビタミンB群、葉酸、ビタミンD、ミネラルなどの栄養素がたくさん含まれていて、これまでは食品加工に利用されるものでしたが、健康に良い効果もあるのです。

3大効果

糖を排除し生活習慣病を予防してくれる

人は過剰に糖を取りすぎると糖尿病になると言うだけではなく、あらゆる病気の原因となります。酵母はこの糖を分解してエネルギーにし、増えていき更に糖を分解していきます。そのため生活習慣病の大敵である糖を体内から減らしてくれる効果があるのです。

 

善玉菌の栄養になり便秘改善につながる

善玉菌を助ける力もあり、栄養素の高い自らを犠牲にして善玉菌の栄養となってくれます。そのため腸内の改善効果がありますし、腸を活発にする働きも持っているので善玉菌を増やして腸を刺激するため便秘の改善が期待できます。

 

免疫力を高めてくれる

酵母に含まれる食物繊維にはβグルカンが多く含まれており、免疫力を高めることができ、感染などに対する防御機能を高める効果など多くのパワーを持っています。