酵母を摂取するときに知っておきたい死滅温度

酵母の弱点は熱!把握しておきたい死滅温度

毎日の食事でも摂取出来て、健康維持にも力を発揮する発酵食品。納豆やヨーグルトのように健康に良い影響があることが有名なものから、味噌、醤油、酢、日本酒、ビール、ワイン、キムチ、パンなど多くの食品があります。

 

発酵食品はどれも、それぞれの食品に合った酵母を使って発酵されています。この中でも味噌や醤油、ヨーグルト、納豆、キムチは、生きた酵母が入っている食品でもあります。

 

『酵母』とは栄養が豊富で、タンパク質、ビタミンB群やD、葉酸、ミネラル、アミノ酸など、人間にとって必要な栄養素を摂るのにとても優れてます。また生きたまま摂取することによって、糖質を分解するのでカロリーコントロールがしやすくなったり、腸では便通をよくしたり、と素晴らしいはたらきをしてくれます。

死滅温度と効率的な摂取方法

酵母にも弱点があります。それは熱です。イキイキとはたらける最適温度は25〜28℃、最高温度は40℃前後と言われています。人間の体内(深部)温度は37℃前後と言われていますので、体内は過ごしやすい温度なのです。

 

逆に45℃を過ぎたあたりから活動は弱まり、死滅温度は60℃前後だそうです。死滅温度が60℃ということは、加熱する調理をしてしまうとせっかく食事に取り入れても死んでしまっているということです。

 

生きた酵母を意識して摂りたいという事であれば、加熱しない調理をするか、生の味噌やヨーグルトを食べると良いと思います。最近ではサプリメントで有効的に摂取できるものもありますので、そういったものも活用するといいでしょう。